ものてっく

冴えないサラリーマンが毎月もらえるお小遣いで買ったものを紹介したりするブログです。高価なものは滅多に出ません。

普段使いのカバンの中身

f:id:kaeminapp:20210727111750j:plain



 

普段から荷物を手に持つことが嫌いな僕。

できることなら手ぶらで外出したい。

そんな僕が持ち歩くモノをまとめてみます。

 

 

 

 

エストポーチ

ARCTERYX アークテリクス 17172 Maka 2 Waistpack ウエストパック ボディバッグ ショルダーバッグ ウエストポーチ カラーBlack Black/ブラック [並行輸入品] 

本当はカバン自体持つのが嫌なんですが、ポケットがあまり無いパンツを履くことがあるので、仕方なくこのアークテリクス Maka2 を持ち歩きます。

この中にこれから紹介するモノを入れて外出しています。

 

 

スマホ

 

メインスマホiPhoneXS 256G を使っています。

まだまだ現役、このスマホ1台で全てが出来てしまうので必需品になっています。

ケースは付けずにバンパーと背面フィルムで使ってます。

パカパカなスマホケースはうっとおしく感じるのでまず使いません。

 

 

財布

f:id:kaeminapp:20210727111845j:plain
財布は自作したこちらを使っています。

試作したモノなので不具合があるんですが、買い換えるのも微妙だったので使い続けています。

財布自体はキャッシュレスに合わせて持ち歩かない事もありですが、免許証などが入っているのでどうしても持ち歩く必要があります。

しかし近々買い替える予定です。

2候補で迷っているので両方買って試してみようかと思ってます。

 

 

ワイヤレスイヤホン

f:id:kaeminapp:20210727111913j:plain

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3 : 完全ワイヤレス/ Amazon Alexa搭載 /Bluetooth/ハイレゾ相当 最大6時間連続再生 2019年モデル / マイク付き 360 Reality Audio認定モデル プラチナシルバー WF-1000XM3 SM

 今は最新型の WF-1000MX4 が出ていますが、新製品が出て価格が安かなった今こそ型落ちのこちらを格安で購入して使ってます。

今まではノイズキャンセリング付きヘッドホンを使っていましたが、この時期ヘッドホンは暑い!そしてこのご時世、マスクは必須なので耳を覆うものは使い難い。

そんな理由から思い切って買い替えてみましたが、この買い替えは成功でした!

荷物も減って暑さも対策ができたのは大きいです!

 

 

ピルケース

f:id:kaeminapp:20210727111949j:plain

無印良品で購入したケースに常備薬を入れて持ち歩いています。

常に持ち歩いてないと何かあった時に困るので最低限これを持ち歩いています。

ピルケースとして売っている訳では無いですが、透明で中身が見やすく、ちょっとオシャレっぽいので気に入ってます。

 

 

エコバック

f:id:kaeminapp:20210727112020j:plain

マーナ(MARNA) Shupatto (シュパット) コンパクトバッグ L ネイビー 一気にたためるエコバッグ S419B

以前生ブログの記事で紹介したこちらのエコバックをいまだに愛用しております。

 

過去記事はこちら

www.mono-tech.work

 

エコバックはこれ以外考えられません!

このエコバックは使った後の片付けが圧倒的に楽!10秒も有れば折り畳めるエコバックってそうは無いと思っています。

むしろなぜみんな使わないのかが不思議なくらいです。

 

 

いつもこのセットで持ち歩きます

以上の5点をウエストポーチに入れて持ち歩いています。

本当は手ぶらで外出したいので、どうにかならないものかと考えています。

むしろもっと削れるのでは?と考えたりもしています。

少しづつ新しい、良いものに更新していきたいと思っています。

また更新した際はご紹介します。

surface Pro4に背面フィルムを貼って、オリジナリティを出そう!

f:id:kaeminapp:20210511134704j:plain

 

先日iPadの代わりにsurface Pro4を入手しました。

 

過去記事はこちら

 

www.mono-tech.work

 

僕のsurface Pro4(以下surface)は画面には保護フィルムが貼ってあり、キーボードカバーがついているので画面は保護されているのですが、背面は無防備です。

今回は背面に保護フィルムを張って保護とオリジナリティを出したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

今回購入した背面フィルムはこちら

igsticker Surface pro7 (2019) pro6 pro2017 pro4 専用 スキンシール サーフェス ノートブック ノートパソコン カバー ケース フィルム ステッカー アクセサリー 保護 013620 飛行機 水彩 気球

¥1,580 (Amazon 2021/5/11)

 

 

今回は、背面の保護とオリジナリティを出したくてほかの方があんまり使ってなさそうな、でもおしゃれ(?)なやつを選んでみました。

 

 

 

貼り方は簡単!

普通にシールになっているので、そのまま背面に張り付けるだけ

何度も貼り直しできる感じなので、少づつ微調整しつつ、空気を抜きながら貼るときれいになります。

 

 

 

貼った感じはこんな感じ

まずは背面フィルム貼る前

f:id:kaeminapp:20210511133807j:plain

シンプル!これぞsurfaceって感じの背面です。このまま鞄に入れると傷つくのが悩みです。こんなシンプルな背面に購入したフィルムを貼ると・・・

 

f:id:kaeminapp:20210511133938j:plain

f:id:kaeminapp:20210511133954j:plain

f:id:kaeminapp:20210511134007j:plain

こんな感じです。

近くで見ると結構粗が目立つ気がしますが、この写真ぐらいの距離ではわからなくなるので結構満足度が高いです。

 

 

 

さいごに

背面フィルムってかなり種類があってほかの人と被ることが少ないと思います。

これでオリジナリティが出て、『自分だけのsurfaceに一歩近づいたのでは?

自分の好きな背面フィルムを見つけて、背面を保護しつつ、オリジナリティを出してみてはいかがですか?

新しい相棒にsurface Pro4を迎えました

f:id:kaeminapp:20210510152100j:plain

 

今まではどこに行くにもiPadを持ち運び、ブログを書いたり動画を見たり、電子書籍を読んだりしていました。

 

こちらの記事で紹介しています。

www.mono-tech.work

 

しかし僕が持っているiPadは容量が少ないモデル、いろいろなことをやろうとするとどうしても容量の問題が出てきていました。

今回、中古ですが、surface Pro4をお迎えしました。

 

 

 

 

 

surface Pro4とは

 

マイクロソフト Surface Pro 4 CR5-00014 Windows10 Pro Core i5/4GB/128GB Office Premium Home & Business プラス Office 365 サービス 12.3型液晶タブレットPC

surface Proシリーズの4代目。発売日は2015年11月と今から6年前のです。

スペックは

  • OS:Windows10 Pro
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:256GB
  • CPU:Core i5ー6300
  • 画面サイズ:12.3インチ
  • 画面解像度:2736×1824
  • サイズ:292.1x8.4x201.4mm
  • 重量:786g

簡単ですが以上のような感じです。

中古で程度のいいものが格安で売られていたので買ってみました。

 

 

 

今回買ったsurface Pro4

同封物

f:id:kaeminapp:20210510151425j:plain    

  ① 本体

  ② キーボードカバー

  ③ 専用ペン

これだけついて、しかもスペックは

  • メモリ:8GB
  • ストレージ:256GB

なのに、金額はネットショップで購入する金額からかなりお安く購入できました。

 

 

外観

f:id:kaeminapp:20210510151757j:plain

f:id:kaeminapp:20210510151811j:plain

f:id:kaeminapp:20210510151823j:plain

f:id:kaeminapp:20210510151834j:plain


中古のPCということもあり、結構不安でしたが目立つ傷も少なくきれいな筐体でした。

キーボードもスレが少なく印字が消えているということもありませんでした。

専用ペンは電池切れでした。今のところペンを使う用途は考えていませんが、そのうち電池交換して使ってみたいと思います。

 

 

 

ファーストインプレッション

普通であれば比較の対象になることはないiPadsurfaceですが、僕の場合はiPadの代わりにsurfaceを導入したので比較します。

 

デカい!!

f:id:kaeminapp:20210510151604j:plain



初めて見た感想としては、デカい!です。

それもそのはず、

 

f:id:kaeminapp:20210510151635j:plain

この差は結構大きいです。surface Pro4を使った後に、いつもの10.2インチiPadを見るとかなり小さく感じます。

(今までは結構大きく感じていたんですけど・・・笑)

 

 

surfaceは手持ちで使うのがちょっとしんどい重さ

次にすぐ感じるのが、重い!!

iPadsurface Pro4との差は300gほど。

300gというとリンゴ1個分ほどの重さです。これほど重かったら手で長時間使うのは結構疲れると思います。

 

 

操作性はサクサク

surface Pro4は6年前に発売された中古ですけど、動作はサクサクです。

たまに起動が遅いものがありますが、全然許容範囲内です。

 

 

バッテリー持ちは結構悪い

surface Pro4のバッテリー持ちは結構悪い印象です。

バッテリー駆動についてはある程度設定で変更できますが、それでも悪い印象です。

  • iPad(第7世代):8,227mAh
  • surface Pro4:ビデオ視聴9時間

surface Pro4のバッテリー容量が分かりませんでしたが、スペック上ではビデオ視聴9時間と記載がありました。しかし実際に購入したsurface Pro4では2時間も使っていればバッテリーがほぼなくなる感じです。バッテリーがへたっているのかもしれません。

その辺は使用する際に気をかけていくしかありませんね。

 

 

充電が専用端子なのが痛い

f:id:kaeminapp:20210510151657j:plain

surface Pro4の充電は写真の専用のコードで充電します。

USBtypeCやmicroUSBなどで充電できないのが痛いです。これだけで荷物が1つ増えますね、それがたまらなく嫌ですが我慢します 笑

 

 

 

surface Pro4の用途は

surface Pro4は今までiPadでやってきたことをそのまま移行する予定です。

今のところ考えているのは下記です。

  1. ブログ執筆
  2. 動画視聴(Youtube、primeビデオなど)
  3. Twitter
  4. discode
  5. 電子書籍
  6. PS4リモートプレイ
  7. 写真編集
  8. 動画編集

以上を考えています。

今後少しづつ検証していこうと思います。

 

 

 

 

さいごに

購入して数日使ってみていますが、結構いいです!

数年前の機種なのでどうなのかと思っていましたが、格安でこの性能なら

満足のいく機種でした。

今後、出張にもっていった際にどうなるのかも検証していきます。

あとはオリジナルのsurfaceにしたいので、いろいろとカスタムとかしていきたいと思います。

ちょっとブログを書くモチベーションが下がる出来事がありましたが、

ネタも少しですがたまってきていますので、今後もぼちぼち頑張っていきます。

Mi SmartBand 5 は良い進化を遂げていた!

f:id:kaeminapp:20210201142220j:image

以前より『Mi SmartBand 4』を愛用していました。

このスマートバンド、かなりバッテリー持ちがいいのに睡眠モニターやら心拍モニターなど

満足できる機能が搭載されているのにものすごく安い!高コスパのスマートバンドでお気に入りでした。

そんなMi SmartBand 4 ですが、新たに5が発売されていました。

今回は日本版が新たに発売されたので購入してみましたのでレビューをします。

 

 

 

もくじ

 

 

 

Mi  SmartBand 5

【公式日本語版】 Xiaomi Mi スマートバンド5 日本版 bluetooth5.0【日本正規代理店品】Xiaomi Mi Band 5 生理周期予測 健康管理 11スポーツモード追加 24時間心拍測定睡眠管理消費カロリー計 画面明るさ調整 着信通知 50M防水 ブラック

¥4,490  (Amazon 2021/2/1)

 

グローバル版も発売されていますが、今回僕は『日本版』を購入しました。

特に違いはわかりません 笑

 

 

 

『5』と『4』の比較した感じ

今まで4を使ってきたので、今回は5と4の比較をメインとしてまとめてみます。

 

 

バッテリー持ちについて

僕がスマートバンド、スマートウォッチに求めている条件の一つとしてバッテリー持ちがあります。

Appleウォッチは1日でバッテリーがなくなってしまうという話を耳にしたことがありますが、

僕は仕事柄出張に行く機会が多く、最長で1週間は行ったきりです。その際に充電器を持っていくのは荷物が増えるので面倒。

何より睡眠モニターを使いたいのに、夜は充電しなくてはいけないなんてもってのほか。

そのためバッテリー持ちのいいMi  SmartBandを愛用しています。

『4』はバッテリー持ちがとても良く、睡眠モニター、歩数、心拍などを計測していても

20日以上はバッテリーが持ちました!簡単に言えば、月1回充電すれば動き続けられるということです。

『5』に関してですが、

f:id:kaeminapp:20210201135205j:image

充電100%から使い続けて5日で67%、33%使っていました。

単純計算ですが約15日、2週間はバッテリーが持つ計算になります。

『4』と比べて5日少なくなってしまう結果ですが、2週間持てば十分です。

 

 

睡眠モニターにレム睡眠表示追加

『4』でも使えた睡眠モニターですが、『5』では新たにレム睡眠が表示できるようになりました。

f:id:kaeminapp:20210201135218j:image

これにより、「浅い眠り」「深い眠り」「レム睡眠」「覚醒」の4つが表示されるようになりました。

ちょっとだけ睡眠について調べてみたのですが、「朝居眠り」と「レム睡眠」の違いがよくわからなかったです。

それでもレム睡眠を視覚できるようになったのは睡眠の質を確認する上で重要なことなのかなと感じます。

 

 

ストレスチェック追加

f:id:kaeminapp:20210201135352j:image

『5』から新たにストレスチェック機能が追加されました。

日々のストレスについて確認したかったのでこの機能については期待しています。

しかしながら家で寛いでいる時、寝る前などなどストレスチェックをしてみましたが・・・

あまり正確じゃないのかな?と感じる結果でした。

レビューを見ていると結構正確と言われている方もいましたので、

個体によって変わるのかもしれませんが、僕の場合はあまり参考にならない印象でした。

 

 

表示画面拡大

f:id:kaeminapp:20210201141734j:image

『5』になって表示画面が大きくなりました。

『5』・・・1.1インチ

『4』・・・0.95インチ

0.15インチ大きくなりました!・・・まあ全然違いがわかりません

気持ち画面が大きくなった?と感じることができる?ぐらいです。

それでも慣れれば表示される内容に不満はありませんので、問題なく使えるぐらいの大きさです。

 

 

画面表示が綺麗になった!?

これは実際に使っていて感じたことですが、『5』の方が『4』より画面表示が綺麗になったと感じました。

調べてみたところ、解像度が『4』が120x240 なのに対して、『5』は126x294 と若干良くなってました。

これにより『4』より『5』の方が表示が綺麗に、そして読みやすく感じます。

使っていくうちに、傷などが入り表示が見にくくなる可能性もありますが、数値的に見ると良くなっている部分でした。

 

 

ショートカット機能が便利

『5』では『4』と違ってショートカット機能が新たに追加されていました。

これは画面を左右にスワイプすることで登録している機能をすぐに呼び出せる機能です。

『4』では左右にスワイプするとスマホの音楽再生などを操作する機能が呼び出せましたが、

僕的にこの機能は全く使っていませんでした。

そこに新たに使いたい機能を登録できるという点ではものすごく使いやすくなっていました!

ちなみに僕の場合は、左にスワイプすると「通知」、右にスワイプすると「ストレスチェック」をできるようにしています。

 

 

充電器がバンドを外さずそのまま充電可能

これが地味に1番便利になったことです。

『4』では充電する場合は、バンドを外して本体を専用充電器にセットする必要がありました。

 

しかし『5』ではバンドを外すことなくそのまま充電器を取り付けられるので

充電時にバンドを外す手間がなくなりました

f:id:kaeminapp:20210201141803j:image

この専用充電器を

f:id:kaeminapp:20210201141751j:image

写真のように取り付けます。磁石になってるので簡単に取り付けれます。

 

バッテリー持ちがものすごくいいので充電する機会はあまりないのですが、バンドを外さずに充電できるのは本当に便利です。

これだけでも『5』を買ったほうがいいと言えます。

 

 

 

Mi  SmartBand 5 は『買い!』です

スマートウォッチが欲しい!と思っている方、確かにアップルウォッチなどの方が

オシャレでカッコよく、機能も優れています。その点はわかります。

しかしお試しでスマートウォッチを使ってみたい方、バッテリーを毎日充電したくない方などには

このMi  SmartBand 5 をお勧めします。

まず¥5,000を切る値段で、通知、歩数、心拍、睡眠モニタ、

ストレスチェック、ワークアウトなどなど計測でき、

バッテリーが2週間も持つ機種って結構少ないと思います。

お試しで使うには抜群の高コスパなのもいいんです。

ただし、この便利なスマートバンドを使ってみると他のものに変えれなくなるというデメリットもありますよ

(僕がそうでした・・・。)

ぜひ、お試して構いませんので使ってみて実際に感じてもらえればと思います。

このスマートバンド、侮れませんよ。

iPhone12miniはちょっと物足りない

f:id:kaeminapp:20210121121823j:image

iPhone12miniを手に入れる機会があり、実際に数日間使って見た感想をまとめます。

 

 

 

もくじ

 

 

 

iPhone12miniスペック

f:id:kaeminapp:20210121121854j:image

iPhone12miniと現在メインで使っているiPhone Xsを比較します。

 【iPhone12mini】   【iPhoneXs】

  • 高さ 131.5mm         144.0mm  
  • 幅 64.2mm.              71.4mm
  • 厚さ 7.4mm.            8.1mm
  • 重さ 133g.               174g
  • 画面 5.4インチ  5.8インチ

スペック的にはそれほど大きな差はない感じがしますが、実際に見てみると結構違います。

iPhone12miniを触っていてiPhone Xsを触るとあれ?こんなに大きかったっけ?

と錯覚するほど違います。

 

 

 

CPU性能は

【iPhone12mini】

Apple  A14 Bionic

【iPhoneXs】

Apple  A12 Bionic

 

CPU的にもさらにいいものが搭載されているようです。

iPhone12miniの前はiPhone 6だったので、それから比べると格段に動作がサクサクです。

しかしiPhone Xsと比べると・・・そこまで差は感じられません

 

 

 

5Gは

iPhone12miniは今最新の5Gが使用可能です。

実際に5G環境で使ってみた感じでは・・・4Gと違いがわかりません

重いダウンロードとかしてませんが、WEBを見るだけでは4Gとの差はほとんど感じません。

僕の使用用途では、4Gでもまだいいかな?

 

 

 

片手操作はいいけど、画面サイズが小さいのが気になる

f:id:kaeminapp:20210121121919j:image

iPhone12miniは片手で操作ができるのが便利に思いますが、

動画視聴する上では、画面サイズが小さいのはちょっと気になります。

またゲームをする際に、PUBGなど両手を使ってするゲームには小さいサイズは向いてないです。

僕の手が大きいってのもあるかもしれませんけど。

普段連絡を取り合う目的での使用ならiPhone12miniは小さいのですごくいいです。

しかしそのほか、動画視聴や電子書籍、ゲームなどを考えている方にはちょっと向いてない感じがします。

 

 

 

miniは人を選ぶiPhone

結論はiPhone12miniは人を選ぶiPhoneでした

その人の用途によってはすごくいいiPhoneです。

しかしいろんなことをやりたいと思うと、もう少しサイズが大きいiPhoneの方が便利に感じました。

※あくまでも僕個人の意見です。

 

 

 

メインiPhoneは Xsかな

メインのiPhoneまだまだiPhone Xsで行きます。

iPhone12miniは僕的にはサブiPhoneの位置付けで使用していきます。

メインのiPhone Xsを忘れた時に使う、または調べ物をするときに使うと便利かな。

荷物を減らしたいミニマリストなどの人から見ればiPhone12miniの方が小さくて軽いので、

いいという人もいると思いますが、動画視聴したり電子書籍を見たり、ゲームをする僕に取っては

まだまだメインのiPhoneは Xsですね。

サブ機としてならとてもいいiPhoneだと感じました。

どこでも同じ環境で好きなことをするスタイル

f:id:kaeminapp:20210118095518j:image

2021年になったので、今年目指していることについてまとめたいと思います。

 

 

 

もくじ

 

 

 

目指しているスタイル

昨年より少しずつ目指していた生活スタイルを2021年により本格的に目指していこうと考えています。

その目指しているスタイルが、まだ何と言っていいのかわかりません

目指しいるのは『どこでも同じ環境で好きなことをしたい』です。

 

 

 

『どこでも同じ環境で好きなことをしたい』とは

僕自身、家には自室があります。

普段はこの自室でリモートワークをして過ごしています。

しかし自室だけに拘らず、どこでも同じ環境を作りたい

例えば自室でもリビングでも外に出かけた際は喫茶店でも、出張によくいくので出張先でも

どこでも好きなことをしたいということです。

 

 

 

ミニマリスト」とは似ているようで違う

「どこでも同じ環境で好きなことをしたい」これはミニマリストの考え方と似通っている部分があります。

ずっと家で同じことをして過ごしているのであれば特に気にする必要がないのですが、

外でも好きなことをしたいので、移動することを前提に考えています。

そのため荷物は最小限で移動したいので、なるべく持ち物は厳選していく必要があります。

しかしミニマリストほど物を持たないわけでもなく、自分が楽しむために最低限必要なものは確保します。

その上で、どこでも好きなことをしたいのです。

 

 

 

ノマドワーカー」とも似ているようで違う

ノマドワーカーとは場所や時間から縛られずに仕事をする人たちのことを言います。

似ている点はありますが、違う点としては働く部分でしょうか。

場所に縛られずに好きなことをしたいので働くのとはちょっと違います。

しかしその「場所や時間に縛られずに」の部分では通じるものがあります。

その精神で、好きなことをしたいんです。

 

 

 

では何をしたいのか?

「どこでも同じ環境で好きなことをするスタイル」とありますが、僕自身何をしたいのか。

下記にまとめてみました。

この3つをメインにしています。

 

1.  動画視聴

まずは動画視聴についてです。

これは主にYoutubeやプライムビデオをメインにしています。

その他のものは、有料だったりしますし今のところはこの辺をメインにしています。

 

 

2.  電子書籍

このブログとは別に『漫画紹介ブログ』もやっています。

そのためメインとしては漫画をよく読んでいます。他には雑誌なども読んでいます。

その際に、電子書籍ならばたくさんの本を最小限の荷物で運べるので大変便利です。

 

 

3.  ブログ執筆

いちよブロガーの端くれですので、ブログを書いています。

今はこのものてっくマンガステインをメインに執筆しています。

まあマンガステインは僕の懺悔のようなものですが・・・

特に収益を考えることなく、好きな時に好きなように書くっていうのは結構きついですが

色々と考えたり、知識が増えたりといい面もあります。

もちろん弱小ブロガーに収益などあるはずもありません 笑

 

 

 

現在の「どこでも同じ環境で好きなことをするスタイル」は

2021年1月の現在でこの『どこでも同じ環境で好きなことをするスタイル』

を実現するために使用しているものをご紹介します。

f:id:kaeminapp:20210118095550j:image

メインとなるのはこの4点。

  1. iPad
  2. iPhone
  3. ヘッドホン
  4. Bluetoothキーボード

以上の4点がメインになります。

 

1.  iPad

まずはこれがなくては僕のやりたいスタイルにはなりません。

iPadYoutubeを見たり電子書籍を読んだり、ブログを書いたりと全てのことをやります。

これ1台あるおかげで全てが好きな場所でできます。

 

 

2. iPhone

 iPadを運用する上で大事なのが、iPhoneです。

これでテザリングをすることにより、iPadが動きます。

逆に言えば、電波がない環境では僕のスタイルは運用できないということです。

またブログの下調べなどもiPhoneで行いますし、外にいく時にはウォークマンがわりにもなります。

iPad同様、これもなくてはならないものです。

 

 

3.  ヘッドホン

家の中だけならばスピーカーで大丈夫なのかもしれませんが、

茶店などで大音量で音楽を鳴らすワケにないきません。

またヘッドホンを使うと音楽や動画に没頭できます。

これにより外でも家と同じように感じることができます。

このヘッドホンはノイズキャンセリング機能もついていますので、

普通のヘッドホンより集中できます。

 

 

4.  Bluetoothキーボード

本当はこれも無くして、iPadの電子キーボードで前はブログを書いていました。

そのほうが荷物も少なくて済みますし。

しかし電子キーボードではタイピング速度が上がらず、また画面を占有するので使いにくかったです。

これを導入することによりブログの執筆スピードが格段に上がりました。

 

 

 

このスタイルの名前を探しています

現在、僕のように『どこでも同じ環境で好きなことをするスタイル』の名前を調べています。

ノマドワーカーとは違うし、ミニマリストとも違う。僕自身なんと言っていいのかわからない状態です。

それか、自分で新しく名前をつけるってのもいいかもしれません。

 

 

 

2021年はこのスタイルを追求します

2021年はこのスタイルを軸に、ガジェットだったり行動だったりと色々追求したいと思っています。

今のところ考えているのは、お金があればiPadをProに買い替えしたいと思っています。

これが1番このスタイルをやっていく上で重要な部分だと思っています。

そのほか、何かしらいいガジェットなど見かけたら追加もしくは買い替えしていく予定です。

 

 

 

さいごに

2021年は自分の新たなスタイルを確立していければと思っています。

またこのスタイルはアウトドアにも適用されます。

なので車中泊だったりキャンプだったりと色々とやっていきたいと考えています。

年も明けて結構経ちましたが、今年も拙いブログではありますが暖かく見守っていただければ幸いです。

ゆるキャンに出てきた「ハンバーグ」を食べてみた

f:id:kaeminapp:20210112155829j:image

ゆるキャンのシーズン2始まりましたね。ゆるキャンはアニメも漫画も追っております。

漫画の方は最近最新11巻が発売されました。

そこで11巻に出てきた「ハンバーグ」を食べてみました。

 

 

 

もくじ

 

 

 

漫画版ゆるキャン

漫画版ゆるキャンは2021年1月7日に11巻が発売されました。

 

レビュー記事はこちら

 

 

詳しくはネタバレになるので語りませんが、その物語の中で「うまうま100%ハンバーグ」

なるものが出てきます。実はこれ、実際に元ネタになったと思われるハンバーグがあるんです。

 

 

 

元ネタハンバーグ

f:id:kaeminapp:20210112155842j:image

¥1.382   (楽天  2021/1/12)

f:id:kaeminapp:20210112180621j:image

こちらの「そのまんま肉バーグ」が元ネタと言われています。

今回は実際に買って、食べてみました。

 

 

 

作り方は簡単

届いたハンバーグに作り方(焼き方)が書かれているので簡単そうでした・・・。

 

1.  俵型を平べったく成形する

届いたハンバーグは写真の通り、俵型になっています。

まずはこのハンバーグを平べったく成形します。

そして真ん中を窪ませて準備完了。

 

 

2.  片面2分ずつ焼く

f:id:kaeminapp:20210112155856j:image

焼き方は簡単でした。中火で2分焼き、ひっくり返しもう2分。

最後に4分弱火で蒸し焼きでした。

 

 

 

作る(焼く)時のポイント

作ってみた後に思ったポイントです。

 

1.  薄く成形する。

なるべく薄く平らにした方が火が入りやすいのでいいと思います。

牛肉100%なので赤い部分は食べられません(と注意書きされています)

僕の場合は、結構厚くなってしまって中に火がなかなか通らずお肉が硬くなってしまいました。

 

 

2.  焼きすぎない

1でも同じこと書いてますが、焼きすぎないことこれ重要です。

焼きすぎるとお肉が硬くなってしまいます。食べたときにふっくらと食べたいので

なるべく焼きすぎないほうがいいと思います。

 

 

3.  途中で割らない

今回は中まで火が通っているのか確認のために割ってしまいました。

すると肉汁がドバーッと出てしまうので、なるべく割らないことが重要でした。

 

 

 

実際に食べてみて

f:id:kaeminapp:20210112155910j:image

焼き上がりを食べてみた感じでは、肉を食べている!とかなり感じる味です。

ハンバーグを食べているというよりは、『肉!!』を食べていると実感できました。

残念ながら肉汁は結構出てしまっていたのですが、それでも肉汁が断面から溢れてきていました。

うまくやけていればどうだったのか・・・残念で悔やまれます。

 

 

 

作者はいいもの知ってるなぁ

ゆるキャンの作者は良いもの、美味しいもの知ってるなぁと感じさせられる美味しいハンバーグでした!

今回は焼き方を失敗してしまったので、次回リベンジしたいと思います。

その際は今回わかったポイントを踏まえ、完璧なハンバーグを焼いて食したいと思います。