ものてっく

元『かえみなパパの雑記帳』からブログ名を変更しました。物+テクノロジー。物+TECH(最新技術)、物+てくてく歩く。そんなコンセプトに自由で楽しめるブログとしたいと思います。お気軽に、自由に覗いてみてください。

ブログ執筆環境

2020年1月のブログ執筆環境をご紹介します。

 

 

もくじ

 

 

ちょっと前までの執筆環境

この時に使っていたのは

そう iPhoneXSです。

iPhoneだけで書いていました。ブログの作り込み的にはちょっと手抜き感が出てしまいますが、気軽にどこでも執筆できる環境はとても便利でした。

 

 

2020年最新執筆環境

1.メイン機

f:id:kaeminapp:20191217071256j:image

iPad第7世代です。

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - ゴールド

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - ゴールド

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - ゴールド

  • 発売日: 2019/10/02
  • メディア: Personal Computers
 

 

もっぱらこれでブログを書いています。

SplitViewでYoutubeを見ながらブログを書いています。10.2インチの画面サイズなので2画面使用しても快適にブログが書けます、これが快適すぎて離れられません。

 

2.サブ機

ちょっと前まではメイン機だったiPhoneXSです。

iPadテザリングiPhoneでやってます。

iPadでガッツリと書いて、iPhoneで空いた時間に追記や修正などを行なうと結構いい感じだったりします。

 

3.Bluetoothキーボード

iClever 折りたたみ式Bluetoothキーボード iPhone iPad Andriod 対応 ブラック シルバー IC-BK03

 

小さくて開けばすぐにiPadBluetooth接続してくれるので気軽に使えます。キータッチについていけない時もありますが、概ね気に入ってます。ボタンはBackspaceが小さかったり、Enterが小さいので慣れが必要かもしれません。

 

 

現在の執筆環境はこれだけ

現在はこの3点だけでブログを書いています。

iPhoneは基本テザリングしてるだけなのでポケットに入れていればスペースも取りませんしカフェの小さな机の上でも快適にブログ執筆環境を作れます。

省スペースで気軽に快適環境を作れるのがお気に入りです。

 

 

カフェにて

f:id:kaeminapp:20191220134932j:image

普段からこのような形で使ってます。

iPadは用途によって立てたり寝かしたりしつつ使ってます。

スペースも省スペースに収まるので狭いカフェでも快適にブログが書けます。

 

 

 iPadを導入してブログを書く時間が増えました

iPadを導入してから外でも快適にブログが書けるようになったのでブログを書く時間が増えました。

動画を見つつ快適にブログが書けるってのがいいですね。

弱小ブログですが、これからも好きに書いていきたいと思います。

よかったら暇つぶしに覗いてください

 

 

 

2019年買ってよかったもの

もうすぐ2019年が終わります。

今年も色々買いましたので1年の締めとして今年買って良かったものをまとめてみたいと思います。

 

 

もくじ

 

 

 iPad第7世代

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - ゴールド

¥33,270 (Amazon 2019/12)

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - ゴールド

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - ゴールド

  • 発売日: 2019/10/02
  • メディア: Personal Computers
 

32GBと容量が少ないのが美妙ですが、そこさえ我慢できれば動作サクサクAppleペンシルも使えるとホントお勧めできるものです。

僕はiPadでブログを書いています。

 

過去記事はこちら

iPad活用法 - ものてっく

 

 

OsmoPocket

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)

¥35,899  (Amazon  2019/12)

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)
 

小さなイベントや普段のVlog用に買いました。

子供の成長を動画で残せるってのは本当に大切で、しかも手軽に撮影できるこのカメラはホント重宝しています。

また結婚式にも必ず持って行くようにして活用しています。

 

なぜ結婚式に持って行くのかはこちらから

僕がOsmo Pocketを結婚式に持って行く理由 - ものてっく

 

 

MilliCampのヤスリが要らないメスティン

MiliCamp正規品メスティン ハンドルカバー付き アルミ飯盒 キャンプ用品  アウトドア 自動炊飯 調理器具 バリ取り不要 MR-250 ドイツLFGB食品安全合格

¥1,280 (Amazon 2019/12)

メスティンといえばトランギアですよね、ですが今回はMilliCamp製メスティンを購入しました。

このMilliCamp製メスティンはバリ取りが入りません

これだけでかなり助かってます!

 

メスティンってよく聞くけど、実際はどうなの?と思っていましたが、これがめちゃくちゃいいです!

メスティンと一緒に買った方がいいのがこちら

Esbit(エスビット) ポケットストーブミリタリー(固形燃料14g×6個付) ES21920000

¥2,029  (Amazon  2019/12)

こちらも一緒に買うのをお勧めします。

これに固形燃料を乗せてメスティンを使うと自動炊飯できます。

これが簡単で美味しいんです。アウトドアに興味がある方は是非ご購入を!

 

 

SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン

ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン h.ear on 2 Wireless NC WH-H900N : Bluetooth/ハイレゾ対応 最大28時間連続再生 密閉型 マイク付き 2017年モデル グレイッシュブラック WH-H900N B

¥21,499 (Amazon 2019/12)

僕には無くてはならない物の1つです。

基本的にどこに行くにも持っていきます、と言うか付けていきます。

ノイズキャンセリング機能はそれなりですが僕的には満足の効果です。

 

 

montbell トレッキングアンブレラ

f:id:kaeminapp:20191231144246j:image

折りたたみ傘としてはかなりの高額です。

でもその分所有欲は凄いです!

壊れてもまた直せる、そして長く使おうと思います。

 

 

僕の2019年は

今年の買ってよかったものは5でした。

その他も色々買いましたが、とても良くて紹介したい!と思えるものはこれぐらいですね。

数が少ない代わりにどれもかなり良いです

気になった方はお試し下さい!

 

スマートスピーカーがやってきた

f:id:kaeminapp:20191226075026j:image

我が家にスマートスピーカーがやって来ました。

これが結構使えるのでご紹介します。

 

 

もくじ

 

 

やってきたスマートスピーカー

f:id:kaeminapp:20191225075318j:image

我が家にやってきたのはGoogle Nest miniです。

小型ながらにパワフルで凄いやつです。

 

 

Google Nest miniとは

Googleが出しているスマートスピーカーで、Google Home miniの後継機になります。Home miniからの改良点としては音質が良くなったそうです。

GoogleスマートスピーカーなのでOK Googleで動きます。

 

 

我が家の使い方

うちでのスマートスピーカーの使い方をご紹介します。

 

 

僕の使い方

僕はスマートスピーカーが来る前からiPhoneのSiriをよく使ってました。

大体は『今日の天気は?』やら『今日の気温は?』『今日傘いる?』がメインです。

朝の準備をしながら音声で確認できるのはスマートです。

 

 

奥さんの使い方

奥さんは専ら家事中の音楽再生で使ってるようです。Nest miniをYoutube musicと連携させてるので音声操作で指定した曲を流せるのは便利だそうでよく使ってるようです。

また料理中のタイマー設定にも使ってるようです。料理中のタイマー操作って手が汚れてたりして操作するのに手間がかかることが多いのが音声操作なので手が汚れてても大丈夫なのが良いそうです。

 

 

子供たちの使い方

子供たちはアナと雪の女王』の物語を話してくれるのを聞いています。キャラクターごとのお話だったり、絵本を読んでくれたりととても楽しんでいます。

時には奥さんと取り合いになってることも

 

 

音質の良さに驚いた

Nest miniって手のひらサイズなのに音質が良いんです。

もちろんオーディオ機器と比べると良いとは言えないと思いますが、音質を気にしない僕は思った以上に音が良くて驚きました。

これで音楽聴くと薄くない音質で楽しめます。

 

 

特別凄いことはしてません

うちの場合は音声で電気をつけたり、エアコンをつけたりなどはしてません。まあスマートリモコンはあるんですけど、まだ連携してません。

それでもスマートスピーカーを導入して良かったと思ってます。何より喜んでるのは奥さんで、うちには音楽再生できる機器がなかったので良かったそうです。

 

 

でも高いよね?

Nest miniはGoogleストアで¥6,000超えてます。

高いですよね…その金額を考慮すると、いい買い物だったのか微妙なのかも知れません。

¥6,000は気軽に手が出せない金額ですよね。

 

 

これからどうなっていくのか?

これからうちのスマートスピーカーはどうなっていくのか?色んな家電と連携していくのかは少しずつ試していこうと思います。

皆さんも機会があれば試して見てください、すごく便利で楽しめますよ!

Lightroomを連携で便利に使う

f:id:kaeminapp:20191225061243j:image

先日、同級生の結婚式で思いっきり写真を撮って楽しみました。

せっかく写真を撮ったので新郎新婦に送ろうと思います。

送るにあたって僕の写真撮影は「RAW」という形式で写真を撮っています。これをJPGに変換しないと普通の人は見れないのでこれを現像(変換)するのにいつもLightroomという有料ソフトをPC、iPadiPhoneとそれぞれで使い分けています、そんな僕の使い方をまとめてみました。

✳︎編集方法をご紹介するものではありません

 

 

もくじ

 

 

まずはPCへデータの取込み

まずはカメラで撮影したデータをPCへ取込みます。

僕はSDカードを使ってPCにデータを取り込みます。

この時にデータの保存形式が「RAW」形式になっています。

これは写真好きな人は知っているかと思いますが、撮影した時に様々なデータを保存してあり、撮影後編集ができる形式です。

このデータをPCに取込み、Lightroomクラウドへアップロードします。

 

 

写真の編集はiPadiPhone

LightroomクラウドにデータをアップロードしたらiPadでもiPhoneでも編集できます。

ここがクラウドのいいところで、さまざまな機種でデータを共有できるので用途によって使い分けます。

僕の場合は、

外でちょっと編集したい・・・iPhone

落ち着いて編集したい・・・・iPad

というように使い分けてます。

iPadについては、大画面で画面が綺麗なので最後の仕上げとしても使っています。

 

 

最後の現像(JPG変換)はPCで

iPadiPhoneで編集した後は現像(JPG変換)します。

今回は、写真データをSDカードに保存してそのままプレゼントするので必然的にPC操作が必要になってきます。

ここもLightroomクラウドで連携しているので、iPadiPhoneで編集したデータをそのままPCで使えます。

そのままPCで現像して、SDカードへ保存。

あとはプレゼント用に包装して発送するだけです。

 

 

編集作業をPC以外でやるのは便利

写真の編集作業って結構時間がかかります。1枚1枚写真を確認して、色合いを編集したり暗い場所を明るくしたりなどなど豊富なんです。

そのためiPhoneで編集すると画面が小さいので見にくいというデメリットもありますが、なにより隙間時間で編集できるというメリットが大きいです。

 またiPadでは最終的な色合いなど確認作業を行います。

画面が大きいので(僕のメインPCより画面が大きいです)細部まで見やすく最終確認にぴったりなんです。しかもiPadなので外での作業も気軽に簡単です。

 

 

PCを省略出来ないか?

改めて僕の手順をまとめてみるとPCはデータの読み込みと書き込みだけなんですよね、これを省略出来ないか?

出来ればPCも要らなくなってさらに身軽になれるのに…

そこはこれからの検討する部分ですね。

超小型国産シェーバー Panasonic ESーRS10

f:id:kaeminapp:20191220170814j:image

一人で飛行機で地元に帰ってきています。でも電気シェーバー忘れました。。。

最寄の家電量販店に行ってシェーバーを探した時に面白そうなものを

見つけたので買ってみました。

 

 

もくじ

 

 

今回見つけたシェーバーはこちら

パナソニック メンズシェーバー 1枚刃 シルバー調 ES-RS10-S

¥1,304  (Amazon  12/20)

本体の色はシルバーブルーレッドの3色展開です。

 

 

超コンパクトで軽量

f:id:kaeminapp:20191220213231j:image

サイズは6cm x 2.3cm x 7.8cm で手のひらサイズです。しかも重さは75g とかなり軽いです。

電源は単三電池2本 1日3分使用で30にち持つそうです。

これだけコンパクトなら出張に持ち歩くシェーバーはこれにしてもいいかもしれません。

でも実際に使ってみないと分かりませんね

 

 

実際に使ってみた感じは

まずまずの剃り味ですが、肌が痛い。。。

深ぞりするとカミソリ負けします。軽く剃るのがいいかもです。

格安シェーバーなので仕方ないのかも

ちょっと調べた感じではアフターシェイブローションがあれば良さそうだけど、

これを出張の際に毎回持ち歩くのは荷物になって嫌だな。

もう少し使ってみたり、痛くない方法を検討してみます。

 

 

小型というだけで

小型というだけで魅力を感じてしまいます。

手のひらサイズのシェーバーをこれから使っていきたいと思います。

 

 

 

飛行機内のBluetooth接続について

飛行機

f:id:kaeminapp:20191220080227j:image

このブログ記事自体飛行機で書いています。

僕かなり飛行機苦手なんです…空を飛ぶのも苦手なんですが、大きな音がなるのも苦手です。

そんな時はノイズキャンセリングヘッドホン!

これを使えばかなり音を小さくしてくれるはずです。

しかしここで疑問が、飛行機の中でBluetooth接続してもいいのか?

今回はそこの所を調べてみます。

 

 

もくじ

 

 

飛行機の中でBluetooth接続はいいの?

各社どのようになっているのか調べてみました。

 

 

JAL

機体によって使用可能か分かれるとのことです。

f:id:kaeminapp:20191216125327p:image

 

 

ANA

1部の機材を除いて使用可能とこのとです。

JALを参考にすると機材とは機種を指しているのでしょう。

f:id:kaeminapp:20191216125148j:image

 

 

スカイマーク

イヤホン、ヘッドホン、マウスなどのBluetooth接続は常時可能とのことです。

f:id:kaeminapp:20191216124935j:image

 

 

今回はスカイマークなのでO.K.

今回はスカイマークに登場するのでBluetoothヘッドホンは使っても大丈夫そうです。

これで心置き無くノイズキャンセリングの恩恵にあやかれます!

(ノイズキャンセリングしてても飛行機苦手なことには変わりありません)

 

 

飛行機の中でBluetoothヘッドホンで何をする?

昨日更新した記事でもご紹介してますが、飛行機が苦手なのでなるべく飛行機に乗っていない風にしたいんです。

そこでBluetoothヘッドホンのノイズキャンセリング機能をフルで活用してなんとか2時間耐えます。

 

飛行機内での過ごし方はこちらから

飛行機で暇を潰すiPhoneとiPad - ものてっく

 

 

飛行機の中でもBluetoothは機種によって使える

これって結構ありがたいですね。

普段からBluetoothヘッドホン、イヤホンを使っている人は機内でも同じものを使えるってことですね。僕みたいに飛行機苦手な方には普段と同じ環境が機内でも構築できるってのは本当にありがたいです。

もう少ししたら飛行機乗りますので、普段通りに楽しんで乗れるように頑張ってみます。

 

 

僕がOsmo Pocketを結婚式に持って行く理由

f:id:kaeminapp:20191219125026j:image

僕は結婚式にはOsmo Pocketを持って行くようにしています。

このカメラは「結婚式ではむいてないよ」といろんな人に言われましたが、僕的に「これほど結婚式に向いているカメラは無い!」と思ってます。

そんな僕のカメラの使い方をご紹介します。

 

 

もくじ

 

 

なぜOsmo Pocketが結婚式に向いているのか

Osmo Pocketはジンバル付きのアクションカムでしょうと思われていると思いますが、その通りです!

ジンバルがついているアクションカムって認識で大丈夫です。

しかも暗い場所での撮影にもちょっと非力なアクションカムです。

僕の場合はこれを、新郎新婦に挨拶に行った時に使います。

 

 

新郎新婦に挨拶に行く時に使うのは

僕自身、結婚式ではきんちょうしっぱなしで疲れました。

しかし友人たちが間の時間を狙って挨拶、遊びに来てくれる時間が結婚式の中で1番リラックスできる時間では無いかと思っています。

そこでのやり取りって僕の中で結構いい時間だったという印象なんですがその部分って誰も写真撮らないし動画も撮影しない部分でもあると思うんです。そこをOsmo Pocketで狙います

 

 

小さいからこそ緊張しない

Osmo Pocketはアクションカムなので小型です。結婚式などの大イベントの時はカメラを向けられると緊張から構えてしまうんではないでしょうか。

そこを小型カメラで撮影、しかも僕の場合は撮影に集中することなく、『たまたま挨拶に行った時に手に持っていた』雰囲気で行きます。適当に撮っていてもOsmoPocketにはジンバルがついているので動画がブレにくいんです。これこそが結婚式に向いている1番の利点では無いかと思っています。

 

 

撮った動画はその日のうちに新郎新婦に

OsmoPocketは撮った動画を即スマホに保存できます。

結婚式の熱が覚めないうちに、新郎新婦に結婚式の動画を届ける事ができる。これが結構喜ばれるのでは無いかと思っています

(喜んでいると聞いたことはありませんけど)

スマホの動画は編集したり、いろんな人に送ったり、いろんなところで見たりと用途はさまざまです。

あとは新郎新婦に好きに使ってもらえればいいかなと思っています。

 

 

実際に結婚式で使ってきます

近日中に実際に友達の結婚式があるので実際に使ってきます。

実際に使った感想や新郎新婦の反応などまた新たに記事にしたいと思います。